ブログ記事を書いてアウトプットして頭を空っぽにする

自己改善

アウトプットは大事ですよという話。
毎日普通に仕事をしたり、ネットで調べものをしたりしてると、
それなりに知識や情報がインプットされていきます。
インプットされていく情報は膨大なので、
中には忘れてしまう大事な情報もあるでしょう。

そうなってしまわないように、ブログ記事を書いてアウトプットして、
安心して忘れてしまいましょうという話です。

アウトプットすべきは、考えや思い

情報や知識がインプットされると、
自然とアイデアや考えが浮かぶことが多いと思います。
アイデア・考えというと大げさですが、
「○○のときは××するのが良さそうだなぁ」といった程度の、
軽い発想のようなものです。
仮説といってもいいかもしれません。

こういう思ったこと、感じたことは、
アウトプットしておかないとあっという間に忘れたり、
逆に長期間にわたって頭にぼんやりと残り続けたりします。

ブログ記事でもプライベートな日記でもいいですが、
ささっとアウトプットして記録してしまうことで、
安心して他のことを考えられるようになります。

文章で表現するメリット

思いついたことを文章化する過程で、
考えていたアイデアがより良いものになったり、
あるいは頭にあった時より陳腐化してしまうことがあります。
良いアイデアかどうかは、表現してみて改めて分かることが多いです。

良いか悪いか分からないアイデアを、
何日も頭の片隅でグルグルと考え続けて、あげくに忘れてしまうよりも、
その日のうちにササっとアウトプットしてしまう方が、
遥かに良い結果をもたらすでしょう。
頭を空にして、次のインプット・アウトプットを行うのです。

というわけで、色々なアウトプットを続けていきたいと思います。
なますてー。

コメント